バリ島の学校の宿題が割と”むちゃぶり”な件

  • 2017.06.10 Saturday
  • 01:33

インドネシアって何に関しても緩いめだと思っていたんですが、学校に関しては意外とそうでもないという事に気付き始めました。
学校(といってもまだ幼稚園ですが、こちらでは学校と呼ぶ)に通い始める前は”生徒と先生も一緒に遅刻”位の緩さかと思っていたけれどそんな事は全く無いし、先生に関しては遅刻欠勤など一切無いし、それ以外の連絡事項なんかもかなりキッチリな感じです。
そんな意外とキッチリとしていたバリの学校生活の中でも特に私(保護者)のハードルを上げているのは”宿題”
年中5歳の子供の宿題なんて親が一緒にしない限りは永遠に終わらないので、これは親に課せられている宿題という事にもなります。
今日は何となく、これを難易度の低い順から並べてみたいと思います。

 

 

毎日のお弁当 難易度…★☆☆☆☆

これが割と苦手な分野で、しかも放課後クラスのある日は1日に2回必要になります。
(この放課後クラスに入ると、通常11時半までの所、15時まで延長で子供を預かってもらえるので、ほぼ全てのクラスに参加させ中。)

しかも金曜日のヘルシーフライデーに関してはおかず一品が指定され、辞書でその単語を調べる所から始まったりもしますし、近所で見つからずに探し回る羽目になったりもします。(しかもだいたい子供は食べないモノ)

securedownload.jpg
私が学生の時は”キャラ弁”こそは無かったものの、こだわり性な母がキャラ弁並みの”スゴ弁”を作ってくれていたので見習いたいものですが、なかなか出来ずに弁当箱に買って来たパンを袋ごと入れて終わったりする日もあります。
でも、機会があってよその子のお弁当を覗いた所…クラッカーにバナナ一本とか、全面ナシゴレンとか…バリ島の弁当箱なんて皆そんなもんでしたょ…。
ですが最近になってから、クラスのママさんがお弁当代行屋さんを始め、かなり負担が軽減されているので、難易度は★1つ。

 

 

育てる系 難易度…★★☆☆☆

先月のアースデイとかいう日には、

「この種を発芽させて、月末までの持って来てね。育てる容器にはペットボトル等のリサイクル製品を使ってね。」

という宿題が出されました。

これ(タイヤ)やりたかったけど…

ペットボトルに埋めた種から、次の日には芽が出てグングンと成長したので、よっしゃーーーっと思っていましたが、他の子(というかママ達)の育てた芽の方が数倍大きくて完敗でした。

でも楽しかったので難易度は★2つ。

leaf (1).jpgleaf (2).jpgleaf (3).jpg

 

 

算数の宿題 難易度…★★★☆☆

小学校1年生ならともかく、TKクチル(日本だと年中さん)で、これは難問すぎるのでは…?!

math (1).jpgmath (2).jpgmath (3).jpg 

足し算全問不正解!!!! 

しかもこれはコムスメンの学校特有のカリキュラムではなく、インドネシアの文科省的な所(?!)から求められるカリキュラムに準じているのだそうで、それをこなさないとインドネシア側の卒業証明書の発効がどーのこーのと…細かい事はよく分からないけれど幼稚園にしてレベル高すぎ!!

それなのに、この国に計算が出来ない人が多すぎるのは何故なんでしょう…。

近所のお店でrp.7000の支払いだったとして、良かれと思って(おつりがrp.5000になるように)rp.12000を出したりなんかすると、高確率で混乱されますのでご注意を。(例外も15%位はいますけど…。) 

 

 

突然言い渡されるドレスコード 難易度…★★★★☆

インドネシアの学校って曜日によって制服が変わったりするのですが(コムスメンの学校は2種類しかない)何かのイベントごとにまた別の服を調達しなければいけなかったりします。

クリスマスは”緑か赤”の服、

チャイニーズニューイヤーは”全身赤”で、

さすがに2年目ともなると、インドネシアの国旗の色”上が赤で下が白”とか、バリ島民族衣装のクバヤ位はささっと用意出来る位になりますが、そのドレスコードが親にまで言い渡される事もたまにあります。

今回は……”ジャングルテーマ”

「木の色で茶色とか緑とか、もしくはアニマルとか、無いわーー」とぼやいていると、「今はいてる…」と薄ピンクのヒョウ柄パンツ(自分で言うのも何ですが決して下品な感じでは無いです)を履いていた自分がいました…。

invitation.jpg

 

 

雨季なのに、クマと子ともでフォトツアー 難易度…★★★★★

”順番に回ってくるクマのぬいぐるみと一緒に写真を撮り、一冊のストーリーを仕上げる”という宿題が、まさかの雨季に回ってきた。

しかも期限は1人4日という納期にも関わらず、皆きちんと仕上げてくる…。

コムスメンのクラスには、ホテルとかレストラン、お洒落な自宅で撮影した感じの写真が並んでいたけれど、ウチは”いつもの海”で…半年振りに恐る恐る出してきた一眼のシャッターが一応下りた事にホッとした。。。

bear (1).jpgbear (2).jpgbear (3).jpg

bear (4).jpgbear (5).jpgbear (6).jpg

コムスメンが自主的に”思い出のクマさんの絵”を描き始めたので、何とかストーリーはまとまりました。

 

こんな感じで突然難題が出されたりもするバリ島の学校に通い始め、親達は想像以上に教育熱心な事が分かったり、私もついていくのに必死だったりしますが、ふとクラスの中でmoanaの新曲を娘が歌い始めた時、担任の先生はすかさずムービーを撮り始めたんだよと娘が言っていました。

わが子が初めて歩き出した日、携帯のムービーボタンを慌てて押したあの日みたいに、先生が自分達の子供を見てくれているんだと思うと嬉しくなりました。

 

スンバ情報のホームページを制作中です。
SURF TRIP SUMBAのホームページへ  

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

やらかした Ah やらかした…+世界のハンバーガー事情 BALI

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 13:20

街中で、時々見かける外国人の漢字Tシャツ漢字ステッカーありますよね…

高確率で漢字が間違ってたり、笑える内容だったりするんですけど、今日見かけた日本語の特大ステッカーは南無阿弥陀仏でした。

仏教徒なんでしょうか、それならそれでアリなんかも…

あと、バリ島南部でたまに見かけるリアガラス全面「真面目」ステッカー!!

あれも見るたびにドライバーの顔を覗きたい衝動にかられるんですが、まだ実現はしていません。

どうしよう、めっちゃイカツイ感じの人が乗ってたら…想像は膨らむばかり。

 

ところでタイトルの件ですが、つい最近コムスメンがやらかしました…。

私が庭の落ち葉を燃やしていた隙に、あまりにも静かだったので「何してるん?」と私が聞くと、「かみきってる」と答えたんですが、

 

まさか”髪”の方だったとは!! しかも前髪ざっくり…

あぁ日本語って難しい。

放課後の工作クラスに通い続けているお陰で、”紙とはさみと糊”さえあれば一時間位は静かに遊んでくれる娘、なのでてっきりいつも通り紙を切っているのかと。

しかも数分後に鏡を見て我に返ったのか、「前の髪に戻したい」と泣き始めたけど、

 

それは出来ません、時間は元に戻せないのだよっ。

戻せるなら何度戻したいと思ったことか…ホンマに…。

 

Skypeで母が初見したときに経過を話したら、一人の時にハサミを持たせるなんて「アブナイ」と言われ…

LINEで旦那が初見したときも、何で目を離すのだ「アブナイ」と怒られ…

でも聞くところによると、5歳児って自分の髪の毛切った経験アリな子多いみたいです。

まぁ娘自身これに懲りてもうしないと思います。

 

カット事件の直後はハンバーガーにナイフが刺さって登場したレベルにショックでしたが、割と見慣れて来ました。

ところでハンバーガーにナイフが刺さって出てくるのは、海外では割と普通なんでしょうか?

インスタの#タグ'(burger/cheeseburger)検索しましたが、あまり見あたりませんでした。

詳しい方いたら教えて下さい。

 

ジャンクフードの”罪悪感”を半減させてくれる大盛りのレタスも、全部取り払う…

早く前髪伸びますように…。

 

スンバ情報のホームページを制作中です。
SURF TRIP SUMBAのホームページへ  

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

先週末、サックス&ピアノのDUOで2回目の発表会に参加しました。

金曜日に編曲し直した曲を、土曜日に猛練習し、日曜日に発表というバタバタぶりでしたが、(しかも前夜にマッピを落とし当日の朝に買いに走った…)何とか無事に終了しました。

また参加型のコンサート(年齢 国籍 経験不問)でやる予定なので、音楽好きな方&そんな隣人の知人の方、おられましたらご連絡下さいね♪

sunbasurf@gmail.com

路上で私がミンタウアン(物乞い)するハメになった理由…。

  • 2017.04.28 Friday
  • 23:59

おひさしぶりです、今は秘境に住んでいない秘境妻です…お元気ですが??

私たちの状況は相変わらずなままで、旦那は日本で出稼ぎ中、私とコムスメンは乾季のせいか、旦那が不在だからか体調も絶好調です。

そんな平和な日々でしたが、ついこの前、旦那の不在中に旦那の母”義理ママ”が一人でバリの我が家にやって来ました…また。

このネタはさすがにもうくどいので…さらっと流します。

 

旦那ファミリーにまた"襲撃"されて泣きそうです、しかも旦那の不在中。BALI

旦那の母が家に来た、しかも旦那の不在中。前編 BALI

旦那の母が家に来た、しかも旦那の不在中。後編 BALI

母と義母の"初"顔合わせ。またもや旦那の不在中 BALI

 

今回”襲撃の報告”を受けたのは、なんと当日の数時間前でした。

出発直前にスンバの空港から電話してきた義理ママは、

「12:15分に飛ぶから13:00にバリに着くから、お迎えよろしくねっ!!」

て…45分のフライトなので、計算的には合っていました。

いつも通り突然の報告でしたが、もう慣れてるので驚きもせずに、Uber(アプリで呼べる個人タクシー)をさくっと手配したい所でしたが、学校も休暇中だったのでお迎えに行く事に。

 

30分遅れでお迎えに行ったにも関わらず、義理ママは出て来ないし電話も繋がらず…

スンバの実家から空港まで送った義理の妹に電話したもののそちらも繋がらず…

義理ママ到着後に、皆で”遅めのランチ”でもしようかな、という気の効いた私の計画を諦め、とりあえず私とコムスメンだけRoti0(甘々パン)でも食べようと思ったのだけれど、何と…”財布を家に忘れてきた”事に気がついた。

それと同時に、大好物の目前でオアズケを食らったコムスメンはごね始め、私も空腹が限界近くだったので、とりあえず財布を取りに家まで戻ろうと思ったのだけれど、駐車料金のRp.4000(約40円)すらも持っていないので、パーキングから出して貰えない。

 

「財布忘れて取りに戻るだけだから後で払うから…」

「身分証明ここに預けるから…」

「子供お腹空かして泣いてるねん…」(嘘だけど)

色々言い訳したものの、「無理」の一点張りでした。

まぁ、一人を許してしまうとキリが無いっていうのも分かるけれど、インドネシアって子連れは無敵じゃ無かったっけ??

 

「別の係員を呼んでから書類を作成してもらわないと…」と言われたものの、パーキングの出口には次から次へと車が列を作り、私の件なんて待てど待てど置き去りな感じでした。

このくそエリート空港職員が、ストレス溜まって権力を武器に庶民をいじめやがって。

…と勝手な妄想が膨らみ私もイライラし始める、というか私はそもそも空腹と待ちぼうけでイライラしていたのだ。

そこで”ここから出るためのよく分からない書類”を作るよりはRp.4000の駐車料金を探した方がてっとり早いのではないかと思いつき、仕方なく車を出口付近に置いたまま、

 

●駐車場にRp.4000分のコインでも落ちていないか探してみました…が、無い。

いやコインが4枚も落ちている確立はこの国では限りなく低いだろうと思い直ちにやめました。

次に思い立ったのが、

 

●富裕層っぽい人にRp.4000借りる、というか貰う。

空港だし、ジャカルタからの旅行客がたくさんいるだろうと思いましたが、バイクのPに隣接する北側出口には、富裕層っぽい人は現れません…というかそれを見抜く力も無い。

周りにいたのは、作業服の工事の人と、バスの運転手数名のみ。

よし、これで行こう。

 

●あの人達の誰かに、携帯のプルサ(プリペイドチャージ)を売る。

私の携帯はアプリを入れているので、幸いオンラインでプルサを売る事が出来るのでした。

「Rp.10.000のプルサ買いません?」→怪しまれた。

でも私は腹が減っているので負けない。今度は隣の人達に、

「誰かRp.10.000のプルサ買いません?」→また怪しまれたが、事情を話すと前に話しかけていた人達が来てくれて、ポケットから小銭を出してくれた。

 

3人の(恐らく)バスの運転手がくれた小銭はRp.18.000にもなったので、Rp.4000だけを残してお金を返そうと思ったのですが、

「いいよ、道路で何かあるかもしれないし、持っとき!!」

「子供いるし、何か買ってあげたら♪」

と言われありがたく受け取り、お礼を言って車に乗り直し出口へ進みました。

ついさっきいがみあった空港職員野郎にどや顔でRp.4000を手渡すと、

「お金あるやんけ!!(インドネシア語で)」と言われたので、

「あそこに座ってる人達に貰ったんや!!(インドネシア語で)」と言うと、

「シリウス??」と驚いた顔をしていました。

「そう、あの人達ね優しかったわーー」と最後に嫌味を言って、無事にゲートを通過出来ました。

 

 

思えば、見ず知らずの人から直接お金を貰ったのは生まれて初めてでした。

帰り道の道中で、さっきの出来事を思い出しながら、じーーんとなりました。

空港職員へのイライラもほとんど忘れていました。

ほんの数分間の出来事でしたが、私はこの日の事を忘れないと思います。

 

家に着いて、忘れていた財布を持って家の近所で遅めのランチをしていると、ようやく義理ママから電話がきたので「あーでこーで大変で…」と話すと、とりあえずタクシーで家まで行くわって…別にお迎えにこだわっていた訳では無かったんですね。

何年経ってもこういう感覚はまだよく分からない…。

いつもは集団(私からすれば)でやって来るのだけれど、今回は友達と都合が合わなかったとかで一人でやって来て、家中の掃除庭の葉っぱ掃除家の周りの草むしりまでしてくれ、お土産(バナナと鶏の丸焼き)もあったしご飯も毎回作ってくれたので、思いのほか平和でした。

 

ガスコンロのつけ方をまた義理ママに教えたりしながら、そういえばスンバにいた時は火起こしの方法を教えて貰ったなぁとか、、色々と思い出しました。

それから2泊後のジャカルタへ飛び立つ日の早朝5時、ためらいも無く起こされたのでここぞとばかりにUberを呼ぶと「こんな朝からちゃんと来るのねーっ」と驚いていました。

という事で、次回からはこのパターンでいかせて頂こうと思う。

 

スンバ情報のホームページを制作中です。
SURF TRIP SUMBAのホームページへ  

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

My Instagram

Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    管理人 (12/11)
  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    田舎妻 (09/20)
  • 大阪のたこ焼き屋さんを、バリのたこ焼き屋さんへ連れて行ってみた。BALI
    Emi (02/21)
  • 無人島に一つだけ持っていくとしたら何ですか?? がっかりな答えと感動の答え
    sato (10/21)
  • 夜の9時に子連れでレストランに行った結果…BALI(また!! 旦那が旅立ちました。)
    管理人 (08/27)
  • 夜の9時に子連れでレストランに行った結果…BALI(また!! 旦那が旅立ちました。)
    秘境嫁スンバワ (08/13)
  • 夜の9時に子連れでレストランに行った結果…BALI(また!! 旦那が旅立ちました。)
    いわな (08/08)
  • 夜の9時に子連れでレストランに行った結果…BALI(また!! 旦那が旅立ちました。)
    asayo (08/04)
  • 女の子へのバリ土産にコスメを選ぶ男子は遊び人なのか!! BALI
    いわな (05/19)
  • 女の子へのバリ土産にコスメを選ぶ男子は遊び人なのか!! BALI
    管理人 (04/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM