イルカとラッコの出現は地震の前兆だったのか?! BALI JAWA

  • 2014.12.07 Sunday
  • 14:12
お元気ですか?! またまたしてもブログを放置してしまいましたが、そんな中バリ島は雨季に突入した模様です。
今季も相変わらず、車をGET出来ないまま迎えてしまったので、おそらく家に引きこもる率が高いことは間違いなさそうです。
ところで実はほんの一週間の間だったのですが、地元の友人がBALIに遊びに来ていました。
遺跡&世界遺産に興味深々な彼女と共に、私もまだ見ぬBALI & JAWAのパワスポを巡って来ました。

実は初めてのタマンアユン寺院は、


とにかく暑かった。


そして最近世界遺産に登録された…ナントカ村。


ジョグジャ行きの飛行機から見た山。
ボルカノ?!ボルケノ??が見えますよって、そんな感じのアナウンスが流れていた。


ジョグジャのナントカ寺院。


EXITの看板がこれでもかという位に景観を乱しまくっていた…。


で、本当のEXITに看板は無く、出口探しにさまよった…。
スタッフは疑問に思わないらしい。


今回の最大の目的地はボロブドゥール


あいにくの曇り空でしたが、涼しくてちょうど良い感じでした。


ただ、歴史的背景などの説明文が書かれた看板などは皆無。
気になる人はガイドにお金を払って説明してもらうか、もしくはWikipe先生に聞く必要あり。


ところで今回友人のガイドをするはずだった旦那は、彼女がやって来る直前に何と弾丸でスンバ島へ帰ってしまいました。
実は前にも記事に書いたのですが、二組目のボランティアチーム”e-education”のスンバでの調査活動が始まり、旦那が通訳する事になったのです。

2組のボランティアチームが、スンバ島を調査中です!!

そしてなんのためらいもなく、私とコムスメンそして最近ようやく見つかったお手伝いさんを残し、旅立っていきました。
まぁドタキャンはともかく、今後のスンバの子供達のためにも何かお手伝いが出来れば良いのではないかと思います。

ところでタイトルの件ですが…数週間前のある日の朝、また1人で海へと向かった時の事です。
頼れる無料の波予測サイト、Magic see weedによると小波続きみたいだし、朝はロータイドなので、ミドルリーフにしようか交差点で悩んだ挙げ句、スランガンへと向かってみました。

半年振りのスランガン、半年前に長袖ラッシュと長パンラッシュを海のワルン(海の家みたいな所)に忘れたままだったのだけれど、気になりつつもずっと放置してしまっていた。
楽天で買った特にこだわりもない安物だし、それに(海に向かって一番右のワルン)”AWANG”のおっちゃんはお客さんの忘れ物を1年間はとっておく”という噂も聞いていたので、その真相を確かめたい気持ちもあった。
因みに私の友人は一年ぶりにやって来たバリ島でおっちゃんと再開するなり「忘れ物してない?!」と聞かれたそうで、去年の忘れ物をとっておいてくれた事、そして自分のことを覚えてくれていた事に感動したのそうだ。

そして迎えたこの日、半年振りの私とおっちゃんの再会の日、おっちゃんは突然やって来た私の顔を見るなり「忘れ物あるよ!!」と言って小屋の鍵を開けた。
キターーーーー(古)
噂は真実だったのね、おっちゃん♪♪
顔と忘れ物が一致するなんて、どれだけ記憶力が良いのだろうか…。
因みに私は一緒に食事に行って色々と喋った(らしい)人の事まで忘れていたというのに。
おっちゃんの素晴らしすぎるサービスを見習いたいものだ。

さっそく私の元に返ってきた忘れ物に腕を通していると、「ゴキブリが入ってるかもしれないからちゃんとはたいてよ!!」とおっちゃんが一言…。
え…まぁもう少し早く教えて欲しかったのだけれど、ゴキブリにはスンバでよく乗り越えられていたので、若干慣れてしまったのだけれど、はたいてもう一度袖を通す。
完全防備の日焼け対策をしてロータイドの岩をざくざく歩いてアウトへと向かった。
すると…ゴリラ(のようなサーファー)達がラインナップしていた。

あれ、ゴリラ?!

小波かと思っていた波は予想以上にアップしていて、頭は軽く超えている、そしてロータイドのせいかホレホレだった。
ガーーーン、私はこういう波を求めていたんじゃ無いのよ…メロウで景色を楽しみながらエンジョイ出来る小波を求めているのよ〜。
という心の叫びは届くはずも無く、わりとひっきり無しにデカイ波がやって来る。
しかも色々な場所でブレイクしていて、逃げる場所などない感じだった。

そんな中、神様はあろうことか私の場所に波を与えて下さった。
どうしよう…行こうか辞めとこうか…
けれど、たまにしか海に行かない女子は特に、最初の一本に乗るか乗らないかで、その後の周囲の対応が変わってくる。
なので最初にびびったり失敗したならば、容赦ないゴリラサーファーズになめられて、その後目の前でパドルされたりする羽目になりかねない。
だからこそ、一本目は乗っておきたいところだった。
そして数秒の判断のうち、やはり行っておこうと思った。

私の板がRp.500.000で本当に良かった。
きっと折れてもため息一つで終われるだろう。
もしこれがあと0一つ分高い板だったら、おそらくためらったと思う。

そして迎えた一本目、ぎゃぁぁー、やっぱりでかいーー、しかも立ち位置ずれてるーーーー、でもなんとか最後まで抜けられた。
その後もセットの波をかわしながら、食らって岸に押し流されている人のようにならないように細々と波に乗って遊んでいた。

周りをよく見るとゴリラ達も結構食らってる!!
その後もリラックスできない感じの波待ちをしていると、私の目の前に突然”毛のカタマリ”が姿を現した。
毛、、、??? 人の髪の毛では無いみたいだ。

サーフィン中に出会う動物といえば、魚・ジュゴン・イルカ・カメ・サメ…色々いるけれど、バリでは魚とジュゴンとの遭遇率は割と高いと思う。
しかし毛の生えた動物は初めてだった。
何の物体なのだろう…?!

陸上の動物が何かの間違いで海に流れて来たのかもと思ったが、奴は海には慣れている様子でグルンと横に一回転し始めた。
するとちょうど隣にいたゴリラの中の1人が「あれはシー何とかだよー!!」とちょっと興奮気味で私に話しかけてきた。
シーナントカって何ヤッケ…再び感じる語学力の低さ…。
そしてその後もそのシーナントカは人に怯える様子もなく、その場で泳ぎ続けていた。

そしてシーナントカに続き、今度はヒレのついた何かがそのシーナントカの近くで上下しているのが見えた。
一瞬心臓がドキドキしたのだが”まっすぐ動くヒレはサメ””上下に動くのはイルカ”だと聞いたことがあったので、これはイルカちゃんの方なんだと思い安心した。

ゴリラ達も皆、珍しい動物の遭遇にテンションを上げていて、わたしの目線もイルカちゃんに釘付けだった。
シーナントカとは目が合った様な気もするのだけれど、あまり可愛い生き物ではなかった。
そしてそのうちイルカちゃんのほうが、シーナントカの周りをグルグルと回り始めた。

グルグル回るのって空腹の時のサメの行動なのでは…。
怖くなってまたさっきのゴリラに「あれはやっぱりサメなんじゃ無いのか」と聞いたのだけれど、あれはイルカだよーと言っていたので信じてサーフィンを続けようと思ったが、その次の波を食らい足のつく所まで流されてしまったので、上がる理由を見つけたと共にサーフィンは終了する事にした。

その後偶然であった友人とワルンでお茶をしながらスンバの話で盛り上がり、動物たちのことはすっかり忘れていたのだけれど、その日の午後日本に住んでいる友人から一本のメッセージが入った。
「インドネシアで大き目の地震あったらしいけど、大丈夫」と。
幸いこの地震はスラウェシ島の近海で起こった様で、バリには被害も津波も無かった。

そして、ふとあるサーファーの話を思い出した。
彼は昔ヌサドゥアエリアで何匹かのサメが泳いでいるのを見たのだそうだが、その3日後にバリ島で大き目の地震があったと言っていた。
思い出した、その時私は日本に帰国したのだけれど、旦那がバリでマラリアを発症して入院をしている時に地震があって、点滴がついたまま外に猛ダッシュで逃げたと言っていた。

彼が入院してしまいました…。(デング熱+マラリア) in BALI

家に帰ってから調べると、そのシーナントカとは恐らくラッコの事だったみたいだ。
去年スマスイで見たラッコは確か寒い海の生き物コーナーに居たのに、なぜこんなに暑いインド洋に遊びに来たのだろうか…と不思議に思った。

動物にはきっと敏感な自然の異変を感じ取ることが出来るのだと思う。
もしかしたらこのラッコとイルカの出現は地震の前兆だったのだろうか…。
人間も動物なので、感覚を研ぎ澄ませていればきっと自然界からの異変を感じ取れるようになるのではないかと思う。

またこういう事を書くと変人だと思われそうだけれど、最近はよく木や石のご機嫌を伺いながら運転したり、歩いたりしている。
そうしているうちに、彼らも色々と語りかけてくれるようになってきた。
元気?!とか、ここは危険だよ!!とか、私が話せるのはまだ固体だけなんだけれど、そのうち川とか森とか海とかと話せたら大したもんだなと思います。

スンバ情報のホームページを制作中です。
SURF TRIP SUMBAのホームページへ  
ブログランキングに参加しています。
最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

タイのアユタヤ遺跡を訪れた時にも気になっていたんですが、この仏様達の首がとれているのは、宗教戦争とか紛争が原因ではなくて、ただ盗難によるものだったそうだ。

って、Wikipedia先生が言ってました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Privacy&Policy

個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

My Instagram

Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    管理人 (12/11)
  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    田舎妻 (09/20)
  • 大阪のたこ焼き屋さんを、バリのたこ焼き屋さんへ連れて行ってみた。BALI
    Emi (02/21)
  • ジャカルタ移住計画、あえなく却下…(+バリのリアルな生活費の話) @JAKARTA
    管理人 (02/11)
  • ジャカルタ移住計画、あえなく却下…(+バリのリアルな生活費の話) @JAKARTA
    ξ^.^ξマーメイド。&【kai】 (01/04)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    エミ (12/12)
  • 無人島に一つだけ持っていくとしたら何ですか?? がっかりな答えと感動の答え
    sato (10/21)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    いわな (09/21)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    おてつ (09/02)
  • 夜の9時に子連れでレストランに行った結果…BALI(また!! 旦那が旅立ちました。)
    管理人 (08/27)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM