2組のボランティアチームが、スンバ島を調査中です!!

  • 2014.08.10 Sunday
  • 00:12
開かないキャップ、
一度開けると閉まらないフタ、
開ける前に開いた瞬間接着剤…

ミラクルです、本当ミラクルです。
しかもこんな時に限ってフタを開ける係の旦那がスンバに帰ってしまって不在です…。
明日にはガイドを終えてバリへ戻ってくるので、どうやって開けるのかに注目したいと思います。



さて、本題に入りますが、今回は真面目な内容です。
何と旦那の故郷であり未開の地でもあるスンバ島2組のボランティアチームが調査に来る事になりました。
そしてまた何と、そのどちらもが日本の現役大学生という事です。

その1組目は、
立命館大学の探検部による”巨大洞窟の調査”という事で、未だかつて誰も調査したことが無い、2つの並んだ巨大な竪穴の洞窟を、今回初調査するのだという事です!!ひゃぁーーーーっ、て、なりますよね?!
その洞窟はワインガプという東の大きな町のすぐ近くにあるにもかかわらず…それに、直径50〜100m以上もあるにもかかわらず…これまで誰も調査をしなかったそうで、入ってみたという人さえもまだいないそうです。
一体中に何があるのか、その調査結果にワクワク・ドキドキしてしまいます。
このプロジェクトを企画されたのは、前にもブログで紹介しましたインドネシア文化宮(GBI)代表の大川さんという方なんですが、GBIのホームページにて調査部隊を募集されていた所、彼らが名乗りを挙げたという事だそうです。

そしてもう1組目は、こちらは早稲田大学を休学中の学生さんが単身で来られるそうですが、
○途上国の子どもたちの教育支援を行うNGO団体 e-Educationによる”コンピューターを使った映像授業の提供”
を行うそうで、これは日本にいた時にテレビか何かで見ていたので概要は知っていたのですが、まさかスンバ島で調査が行われるとはまた驚きです。
その調査が行われるカマンギ村という所ですが、1999年よりインドネシアのNGO団体 IBEKAが電力・水・教育の支援をしてきたそうで、その結果、お金と時間が生まれ、今では毎年クパンの大学に進学する子供もいるそうです。
しかし教師の質が追いつかずにジャワの大学には進学出来るレベルでは無いそうで、その教育レベル向上のためにIBEKAからe-Educationに依頼があったそうです。

電力・水の支援によってお金と時間が生まれる?! 何故?! と思われる方もいるかと思いますが、ライフラインの整っていないエリアでは、生命活動の根源である”水”を確保する為に多くの時間が奪われてしまいます。

水汲みの子供たち。


この皆、楽しそうに笑っていますが、井戸へ水汲みに向かう途中なんです。
ちなみに真ん中のアフロボーイはただ自分の馬のご機嫌を伺いに行く途中です。


周りにある四角いのは、何とも巨大なスンバのお墓です。
旦那も、いつか自分もこれ以上のでっかいお墓を建てるんだ!! とか言っていましたが、どちらかというと”でっかい家”を建ててくれたほうが有り難いし嬉しいのですが。


これはただの遊びですが…旦那も昔は水を汲んで運んだり、とうもろこしをむいたり、魚を売ったりと、働き者の子供だったそうです。

ところで話は戻りますが、そんな2組のボランティア団体の代表の方は、それぞれ偶然にも私のブログ・ホームページを訪問して下さったのがきっかけで連絡を取り始めました。
そして今回、立命館大学探検部の洞窟調査チームの方と、バリ島でお会いすることが出来ました!!

最初に私が一番驚いたのが、スンバに行くチームに女性が2名もいたという事!!
こんな可愛い女の子達がスンバに行って大丈夫なのーー?! と思い危うくひきとめそうな”オカンの心境”になりそうでしたが、さすが探検部員だけあって、話の内容や雰囲気からも、志の強さを感じました。
会う前は皆私より10歳近く若いだろうから、年齢のギャップは大丈夫かな、メールのあいうえおに小文字とか使ったりする世代だよな…とかちょっと不安でしたが、会って話してみると全く年齢の差を感じさせない4人で、話も弾み楽しい時間を過ごせました。
そして別れてからもフェイスブックでメッセージの交換をしたり、スンバでの近況報告を覗いたりしていますが、小文字のぁぃぅぇぉなんて出てきませんよ!!


長老は真ん中の法則(笑)

今回の渡航はまだ調査の段階で、実際に洞窟に入るのは次回3月の春休みになる予定だそうですが、その際には通訳と移動の車を手配するかもしれないという話になったので、だったらガイドの旦那が…と口走らせてしまったものの、ふと私の鋭い予感が働きました。
あの旦那さん…好奇心のメーターが時々振り切りまして、洞窟調査なんて飛びつくに違いないことは予測できるのです。

見えますか?!ふと目を離すとこういう所にいるんです。

アフロを探せ

そして予想通り、帰ってからこの件について旦那と電話で話した時には、電話越しに目がキラキラ光っている旦那の顔が浮かんでしまいました。
テレビ電話じゃ無いんですけどね…。
しかもその時ばかりは地名洞窟の名前などを聞き返し、普段はとらないメモをとっていたところをみるとおそらく予感的中!!です。

この日出会えた探検部の4名の方も、私が知っている僅かなスンバの情報に関して皆メモをとっていましたが、きちんと勉強している人の姿勢はやっぱり違うんだなぁ〜と実感。
そしてこの時教えてもらった”探検”に関する話が興味深かったのですが、”探検”と”冒険”とは別のもので、それには皆強いこだわりを持っているだそうです。
文字を見ても分かる通り、探検の検は”検査”の検で、色々な調査や目的の為の手段を考えたり、事前予測や装備の点検など、そういう全てをひっくるめての探検なのだそうです。
一方の冒険とは先が見えない事へ足を踏み入れたりする事で、”危険”の険がその違いを現しているのだそうです。

だったら私たち夫婦の人生は冒険の方だね…、というと笑っていましたが、探検部の彼らを見習いそろそろ探検を始めなきゃなぁと思いました。

ところで今日、予定では帰って来るはずだった旦那と電話が全く繋がらなかったので、色々と考えた挙げ句、”もしかして本当に巨大洞窟の中にいて電波が届かないのでは無いか”と思い不安になりましたが、実際はバリに戻る前に海の前のコテージの掃除をしていたとの事でした…。
「だったら電話の一本位しーや!!」と言いかけましたが、私も同じく海上がりだった為に強くは言えず、
「ホンマは波の掃除してたんちゃうん?! つるつるなったん??」と聞くと、あっさりと「それが最近結構いい波でさぁ…」とあっさりと認めましたが、やはり離れているとあまり喧嘩もする気にならないものだと気がつきました。

ウォーリーならぬ…

アフロを探せ(初級)


アフロを探せ(中級)


アフロを探せ(上級)


見えますか?!

写真では伝わりにくいですが、大分高い所まで登っています…。
ここはスンバでは少し有名な観光地、”ライポプの滝”という場所で、この日も結構な人で賑わっていたんです。
そこにいた一人のおばちゃんが「あの上!!見て危ない!!」と言われて初めて気がつきましたが、そこにいた人全員が皆旦那に注目していました。
そして周りの人もざわめき始め「え?!あなたの旦那なの?? いつもああなの?!」とか、「早く止めさせないと!!」とか、まともな質問と心配をされて、本当に穴があったら入りたい気持ちになっていました。



今回の記事に関するリンクを色々と張っておきます。
洞窟調査に関する記事も随時アップされていますので、探検好きの方は是非一緒に応援しましょう。

立命館大学学術部公認探検部
http://www.geocities.jp/ruec1960/
立命館大学学術部公認探検部のブログ
http://ruec1960.blog59.fc2.com/blog-entry-487.html

NTT州スンバ島の謎の大洞窟 Goa Raksasa di Pulau Sumba, NTT
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201310/article_8.html
NTT州スンバ島の謎の大洞窟(2) Gua Raksasa di Pulau Sumba, NTT
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201310/article_23.html

NTT州スンバ島の謎の大洞窟(5)〜(3) 立命館大学探検部が事前調査 Goa Sumtim
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201403/article_7.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201403/article_9.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201404/article_19.html

スンバ情報に関するGBIの全ブログ集
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/b1f71d4ade.html

途上国の子どもたちの教育支援を行うNGO団体 e-Education
http://eedu.jp/



スンバ情報のホームページを制作中です。
SURF TRIP SUMBAのホームページへ  
ブログランキングに参加しています。
最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

最近、海で出来た友人と飲みに行ったり食べに行ったりしています。
しかもオタクな共通点もあって嬉しい限り!!
海またはオタクな友達はいても、海かつオタクな友達と遭遇することはほとんど無いので、同調♪♪してしまってます。


ここは西スンバにある洞窟です。
水がめちゃくちゃフカミドリです。
ダイバーの人向けですね、潜りたい方は自己責任でどうぞ。

1泊5万円で、極上の貸し切りWAVE!! 買いますか??

  • 2014.07.20 Sunday
  • 06:32
おはようございます♪♪
早起きではなくて、寝てないだけのオタク明けな朝を迎えました…。
訪問してくれてありがとうございます。

私の友人や、ブログを読んでくれている方はご存知だと思いますが、私たちはインドネシアの”スンバ島”というデカイのに知名度が極めて低く、訪れる人もほとんどいない島の秘境に、サーファー向けのコテージを建設しようとしている途中→資金が足りない事に気がつき→バリに戻ったものの、大してお金も溜まっていない状況に日々アレヤコレヤとぼやき合っている、暇人夫婦+娘です。

前置きが長くなりましたが、そんな私たちの 小屋、ではなく コテージの目と鼻の先には、超高級リゾート、Nihiwatu Resort(ニヒワツ リゾートドカーーーン、と、たたずんでおります。
しかも目の前では極上ウェイブがドカーーーンとブレイクしているのだとかどうだとか!!

しかし、しかーーーーし!!!
そこのポイントにエントリーする為にはそこのリゾートを通り抜ける必要があり、アクセス出来ません。
つまりリゾートに宿泊しなければ、そこで”波乗りは出来ない”という事です。
しかも1泊約5万円〜10万円程、家族で1週間滞在した人が言うには、最終的にお支払い額100万円だったそうです。ひゃーーって、普通の感覚ならなりますよね…。
なので、払える身分の人のみどうぞ〜、あっ波も自由にどうぞ〜という感じでしょうか。
私たちにすれば、これぞまさにImpossible!!(バリにImpossibleという名のサーフポイントがありますが、サーフィン出来ます。)

要するに、1泊5万円の中には、他ならぬ”波代”が含まれているのです…。
そこのポイントへ漁船や陸路を使ってアクセスしたサーファー達(ほとんどはオージー)はこっぴどく番犬に噛まれてセキュリティーにしかられ、シッポを巻いて残念そうに帰って来たところに時々遭遇します。

リゾートを経営しているのはハワイからやって来たアメリカ人のオーナーで(個人的には感じの良い人ですが…)セレブサーファーや、有名人サーファーが ”お忍びサーフィン” にやってくるらしく、某有名アーティストも毎年の様に利用しているそうです。

ローカル達はサーフィンはしないので、そんな現状に疑問を抱いてもいませんでしたが、1年前にスンバ島に帰った旦那が声を上げました。
波はシェアするものだと…。
そしてスンバ島で唯一、そんな事に疑問を抱いていたサーファーも勤務先のNihiwatu専属サーフガイドを辞め、フリーガイドとコテージ建設を始めました。
今の現状としては、旦那も彼もNihiwatu Pointへ人を連れて行く度にセキュリティーと喧嘩し合いながら波に乗っている様です…。

アメリカ人がインドネシアの僻地で波を利用し利益を得ている事、ローカルを雇用しているものの大した恩恵を受けていないという事…私も始めは色々と疑問を感じていました。
だけど生活していく中で、よくもこんな場所へやって来て、ヘリコプターで波を探し当て、土地を切り開きリゾートを建設し、言葉の通じないローカルスタッフ達を育て、リゾートの食材はバリから毎日調達し、色々な部分が尊敬に値すると思います。

冒険好きの人がサーフトリップするのには格好の場所かと思いますが、住むのは正直結構きついです。
今年リゾートを脱退したアメリカ人スタッフの一人も、独立を目指して土地を買い準備を進めているそうですが、その彼は今一人でテントに暮らし、まるでホームレスの様な生活をしているそうです。
今度取材したいと思いますが、人影のない海辺で生活している彼、クレイジーな事極まりないですね…。
マラリアになって誰にも発見されずに死んでミイラになっていなければ良いですが。

ところで私たちがスンバへ戻りコテージの建設を始めた時、西スンバでは少し話題になりました。
その時リゾートのオーナーから旦那へ、ウチで働かないかというコンタクトがありました。
男のロマンを追いかけていた旦那の答えはNOでした。
そして数ヶ月後、思う様に建設が進まないとある日、次の要求は土地を売ってくれないかという要求でした。
それでも男のロマン君の答えはNOでした。
こんな弱小貧乏夫婦に構わないでくれよ!! ライバルにもならないだろうと思いましたが、私の中で半信半疑だった事に確信が持てました。
やはりNihiwatu Resortは極上の波を売っているのだと。
リゾートのお客はもちろんバブリーなサーファーがほとんどだとは思いますが、中には貸し切りの波の為だけに宿泊しているお客もいるのかもしれません。

1泊5万円の貸し切り極上波、あなたは買いますか?!


ホームページより抜粋。
何やこれ、ウチと変わらんやーん、と思いきや、

イイ♪♪

イイ♪♪

プールもあって、

ステキング♡

ここでスパとか、、

癒される〜!!

泊まりたーいっ。

もいっちょ、
泊まりたーい♪♪

喧嘩しながらでも極上の波に乗りたいという方はご連絡下さい。
旦那がガイドいたします。
Nihiwatuでサーフィンしたい方は、ガイド代+漁船でのエントリーに1隻 Rp.250.000かかります。

スンバ情報のホームページを制作中です。
  
ブログランキングに参加しています。
最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ  にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ


で、こちらは…
建設中のコテージの前に割れる波です。
1泊約3000円で3度の飯付き!!
”3食”では無くて、”3度の飯”です、ご了承ください。
歩いて行けますので…。
基本的にはサイズが上がっても、メローで遅めのブレイクが多いです。
ロングライド可能です。1泊約3000円です。
こちらは別のポイントです、車かバイクでのガイドとなります。


ガルーダでスンバ島へ飛びました。(+残念な結婚記念日の話)@バリ島・スンバ島

  • 2014.02.14 Friday
  • 15:35

お久しぶりです、いかがお過ごしですか?!

ところでついこの間、私たち夫婦に2年目の結婚記念日が訪れたはずだったんですが、旦那と別々に暮らしている事もあり、お互いスッカリポッカリ忘れていました。
ですが2週間後の2月10日にはインドネシア側の結婚記念日もあるので、そっちの方こそ覚えておこうと約束しましたが、それもまた2週間後には忘れていました。
夫婦とも頭が弱いとこうなります…、せめて自分の年齢くらいは覚えておこうと思う私、今年は本厄らしいです。
厄払いには行けなかったので、仏教徒のおばあちゃんの毎朝のお祈りに託すことにします。

ところで、約1か月間程離れて暮らしていた娘に会う為に、またスンバ島に行って来ました。
前回利用したMerpati航空での度重なるトラブルを踏まえ、今回はインドネシアの最大手、Garuda航空で行って来ました。
今回の滞在期間は一週間、ウェディングの閑散期に少しばかり感謝です。



前回の話はこちら→スンバ島のサーフコテージ建設経過 @SUMBA BALI

前回の渡航の時にははなんと、1日目がまさかのフライトキャンセル…、2日目は3時間のディレイのち離陸直前にプロペラが故障し機体を乗り換えるといった事態が発生し、帰りの便でも6時間のディレイと続き、その度に航空会社から弁当が配られるといった始末…空腹を満たされる事で人の不満というのは少しばかり解消されるという事を知っているのでしょうか、それにフライトキャンセル後の送迎やらホテルの手配に関してだけはありえない程手際が良いMerpati航空、その要領の良さをもっとほかの部分に生かしてもらいたいものです。

それにしても、この国の人はこんな状況でも怒らないので、その部分にはいつも関心しています。
これが関空だったら、、、おそらくブーイングの嵐が降り注ぐことは間違いないです。
それに、同じ便でフライトキャンセルを食らった人達とは妙な連帯感が生まれ、修学旅行みたいな、それはそれで楽しかったのですが…。
 


今回はGaruda航空を利用した為、フローレス島での乗り継ぎを含めて通常より1時間長く、スンバ島に到着するまでに2時間半かかってしまいましたが、遅延やらを考えるとガルーダを利用した方が、結果早く到着出来る気がします。
今回は悪天候の割にはさほど揺れせもず、着陸寸前になぜか着陸を断念してもう一度上空へ飛び立った時には若干お祈りモードでしたが、軽食も2度も配られてまさに快適なフライトでした。

ガルーダの場合は空港使用料を払わなくても良いし(通常は確かRp.50.000程)サーフボードチャージもいらないので(他の航空会社だと1本につきRp.200.000位)、サーフトリップには尚更おすすめしたいです。

ですが、今回気になる問題が一つありました。
何と、、乗客数がわずか10人だった事。
スンバ島行きの路線がようやく就航し始めたものの、このままでは存続するのは難しいのではないでしょうか…



しかもこの日に関しては全ての運行状況をチェック済みで、LionAirは空席わずか、TransNusaは満席だったのにもかかわらず、Garudaのみガラガラだったという事になります。
そして問題のMerpatiに関してはしばらく運休という事でした。
やはりあの時壊れたプロペラのせいでしょうか、なにはともあれ無理して飛んで落ちたりしなくて良かったです。

そしてガラガラの機内で何度もコーヒーを注がれながら、前回のMerpati事件の事を思い出していました!!


 

あの日……
1日目の朝10時半発の予定が、飛行機の到着が遅れ時刻が12時を回ったところで、ディレイの表示がキャンセルにかわりました。

同時刻に出発予定のLionAirも同じく遅延していましたが、15分程前に出発したところでした。
スタッフの元に駆け寄り、何故飛ばないのかと問いただしたところ、「スンバ島の空港は毎日13時には閉鎖される。だから今から飛んでもスンバ島まで1時間半かかるので、13時には間に合わないでしょっ」て、確かに計算は合っています。

「それが分かっているんだったら、何故たった15分前に飛んだLionに乗せてくれなかったの」と聞くと、それは航空会社が違うのでできないと、、
「チケットを買い直してでも私はその日のうちに飛びたかった」と伝えたが、あとの祭りでした。

そして迎えた次の日の朝、またしても遅延、、
ようやく到着したという飛行機に乗ったものの、滑走路の直線の所まで進み、あとは飛ぶだけだという体制に入ったところで、何故か「飛行機の点検をするので少しお待ち下さい」というアナウンスが流れた。

どうやらプロペラが一つ故障して回らなかったらしい。
それを聞いて、ぞっとした…

その時突然、貫禄満点のおじさんが立ち上がり叫び始めた、「俺は降りる、降ろせ、こんな危ない飛行機にのれるか!!」と 。
その通りだ。私もまだ死にたくなかった。
そしてそれに続き、気の強そうなおばさんも叫び始め、とうとうみんなが立ち上がり、結局全員が飛行機から降ろされた。 
結局Merpati航空の別の機体で飛ぶ事になったのだけれど、他に飛行機があるなら最初から出して欲しかった。

その日結局出発したのは1時半を過ぎていたのだが、スンバの空港は1時半に閉まるのでは無かったのか…また疑問が1つ残ったままになってしまった。

なんだかんだでフライトも終盤に入り、空からスンバ島の海岸線を眺め、異常な位の青さに再び驚いた。
人はいつか死ぬ、それならこんなにも綺麗な場所で死ぬのも悪くないんじゃ無いのか、つい数時間前に死を意識した事で、そんな事が一瞬頭をよぎった。

私の視線は真っ青な海に奪われていた…その瞬間、機体が大きく1m程沈んだ。
皆が一斉にわぁとかあぁとか声をあげた。
プロペラの故障という事態を目撃した直後で、誰もがこの航空会社に不信感を持っていた所だったと思う。

私は心の中で必死に祈った、「神様、前言撤回致ます、どうかお許し下さい」と。
無宗教ですが、出てきた神様の顔はイエスキリストの肖像画でした。
きっと職業病だと思います…。

そんな訳で、私は二度とMerpati航空乗ることは無いと思いますが、こういう会社もインドネシア人カスタマーの怒らない性格と、インドネシア人スタッフの謝らない性格の元に成り立っているのでしょう。
そしてそんな会社が数多く存在し、そのお陰で比較的”ゆるい”社会生活をおくれ、私自身がそれに快適さを感じているのもまた事実です。

 


スンバ情報のホームページを制作中です。
SURF TRIP SUMBAのホームページへ  

ブログランキングに参加しています。
最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ  にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

My Instagram

Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    管理人 (12/11)
  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    田舎妻 (09/20)
  • 大阪のたこ焼き屋さんを、バリのたこ焼き屋さんへ連れて行ってみた。BALI
    Emi (02/21)
  • ジャカルタ移住計画、あえなく却下…(+バリのリアルな生活費の話) @JAKARTA
    管理人 (02/11)
  • ジャカルタ移住計画、あえなく却下…(+バリのリアルな生活費の話) @JAKARTA
    ξ^.^ξマーメイド。&【kai】 (01/04)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    エミ (12/12)
  • 無人島に一つだけ持っていくとしたら何ですか?? がっかりな答えと感動の答え
    sato (10/21)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    いわな (09/21)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    おてつ (09/02)
  • 夜の9時に子連れでレストランに行った結果…BALI(また!! 旦那が旅立ちました。)
    管理人 (08/27)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM