娘のハレ舞台の日に、急性アル中で倒れた旦那… BALI

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 14:30

残暑ならぬ…猛暑お見舞い申し上げます、ただ今日本に帰国してます。

バリ島からのフライトの直前(ほんの数時間前)にアグン山が大噴火したり、帰国の直後には西日本では洪水災害、その後は猛暑にやられたりで、コムスメンも今までに見た事が無い位大粒の汗を流していますが、私達は何とか元気です。

身近で災害を目の当たりにし、いつ南海トラフ大地震が起こってもおかしく無いと言われているので、ただ今実家の頭上を(ホンキで)断捨離中

そんな最中にロンボク島で大地震が起こり、今なお地震が続いているので心配ですね…。

 

ところで先月、コムスメンが3年間通い続けたバリ島の幼稚園を無事に卒園しました。

インドネシアでは(私の知る限り)パリっとした入学式というものは無く、その分卒業式にはかなり気合いが入ります。

子育て中心生活をしている私にとっても、一人娘の卒園式というのは一大イベントであったので、前々から服を準備したり、何かと気合いを入れていました。

それなのに、直前に知らされた旦那からの一言「俺、明日からスンバ行くから…」と。

その旦那の言う何気ない”明日”というのは、私とコムスメンの一大イベント”卒園式”の日でもあり、せっかくバリに3か月もいたのだし、娘の最後のハレ舞台に位”参加しとけよ”

 

そもそも、日本で出稼ぎ中だった旦那がバリにいるのは、絶賛つわり中だった私に代わって、コムスメンのお世話をするというのが目的だったのに、最終日に不参加というのはかなりのマイナスポイントだと思うのだけれど…

とまぁそんな事言い始めても仕方が無いので、当日に向けてコムスメンと一通りの衣裳合わせを済ませ、今夜も深夜にどこかで酔い潰れているであろう旦那の事は放っておいて、前日は早めに寝る事にした…。

 

その数時間後…ガシャーーンと家の門の辺りでかなりデカイ音がし目が覚めた。

慌てて外に出ると、泥だらけの旦那が血を流しながら帰って来た。

時計を見ると深夜の1時…

おじさんの家からバイクで帰る途中に山の中のがたがた道で転んだらしく、その衝撃でブレーキが壊れたので、最後は我が家の門に軽くぶつかって停車したのだそうだ。

OLX(インドネシア版のメルカリ)に出していた旦那のバイクは既にボロボロになっていた。

酒のにおいを撒き散らしながら説明された内容は理解出来たが、人としてはもはや理解不明

どうせなら隣のジャングルにでも突っ込んでくれれば良かったのに。

何よりも明日の本番に備えて早めに寝ていた所を起こされた事が一番腹立たしかったが、コムスメンは騒音位で起きるタイプでは無いのがまだ救いだった。

旦那は寝室に入っては来たものの、私の怒りを察知したのかそそくさとクッションを枕代わりに床で寝始めたので、私も寝直す事にした。

 

が、、パシャン・パシャンと部屋の中で魚が水を跳ねる様な音が聞こえた気もした。

魚は飼ってはいない。

 

NUSADUAビーチで作成しました。

 

そこから今度は妙な声でウーーウーーーとうなりだしたが、助けない事に決めていた。

その後、ウオーーーーー…という叫び声に変わったので、それに負けない位の声で、

「うるさいわーー何時や思てんねん‼」と叫び返した。

そのうちに、インドネシア語で何か訳の分からない事を喋り始めたので、ふと熱帯熱(悪性)マラリアを患った日の旦那を思い出したが、助けない事に決めていた。

また…旦那のマラリア奮闘記+ノーベル賞を受賞したマラリア漢方薬。

 

よく分からない独り言の締めくくりにTidak Bisa---!! と大声で叫んだ後静かになったので、私もトイレに行って寝直そうと思い、ベッドから降りたその時…

私の足が”パシャン”という音と共に水溜まりの中に浸かっていた。

ぞっとっした…小さい頃、寝たまま鼻血を出してしまい、枕一面が真っ赤に染まっていたあの時位にぞっとした。

部屋の逆コーナーで寝ていた旦那の”寝ゲ○”というやつが、何と逆コーナーの私の真横まで流れて来ているとは、、

どんだけ部屋傾いてるねん‼

 

とりあえずトイレを済ませてから、見たくなかった旦那を視界の隅に入れてみると、全裸で横向きになってうずくまっている旦那の口から液体がパシャン・パシャンと小さな音を立てながら流れているでは無いか‼

けれど一週間ほど前まで、吐きつわり上級者だった私はピンときていた。

胃の内容物を全て吐いただけでは部屋一面が液状化するわけが無い。

これは膀胱からの液体だと分かった瞬間に、また怒りがフツフツと込み上げてきたが、ハレ舞台の前日に余計な気力体力を消耗したく無かったので、そのまま寝る事に集中した。

が…一度正体が分かってしまうと気になって仕方が無い、相変わらずのパシャン・パシャン…。

 

結局、寝たのか寝てないのかよく分からないまま朝を迎えると、深夜のパシャン・パシャンは本格的な嘔吐に代わっていた。

オエェェーウエェェェーと、寝たまま1分間に5回位のペースで吐き始めた。

コムスメンはまだ何事も無かったかの様に横で寝ているので、「うるさいから吐くなら外で吐いて来てよ!!」と言ったら、私の言葉を理解出来たのか、泥の様に部屋の外へと這い出して行ったので、まだ死ぬレベルでは無いなと思った。

そしてコムスメンが起き出し、部屋の異常事態に気が付いたと同時に旦那をありえない場所で発見した。

外で吐けとは言ったけれど、家の外とまでは言っていない。

…まさか公共の場で全裸のまま吐いているのかと思い念のため確認したが、何故か下だけは長パンツに履き替えて、家の門の前で倒れていた。

 

 

その前をバイクがブーーンブーーンと何台も通り過ぎていくけれど、みんな横目で見るものの、誰一人声をかけたり助けたりはしようとしない、またしても異様な光景を見てしまった。

お節介で親切な人が多いインドネシアでは、道路で人が困っていればすぐに人だかりが出来たりする。

私もバイクでエンジンがかからなくて立ち往生しているだけでも、よほどの田舎道で無い限りは、だいたい3分以内に人が助けてくれる。

それが当たり前だと思っていたから、道路で人が倒れているというこの異常事態に誰も声をかけないというのがかなり意外だった。

だが、私も助けない事に決めていた。

 

とりあえず、旦那を玄関前に寝かせたまま、卒園式の準備を終えてコムスメンと出掛けようとしたその時、それまで玄関で倒れていた人とは思え無い程の勢いで旦那が飛び起きて家の中に入ってきた。

「ヤバイ、飛行機の出発まであと15分しか無いし、何で起こしてくれへんねん‼」

と我の事を棚にあげて言い始めたが、ドレスにも着替えて久々のメイクをした直後だったので、怒りを抑えて”無視”する事に決めた。

コムスメンだけが「パパ、大丈夫??」と一応気遣っていたのが唯一の救いだったと思う。

空港まで15分かかるのだから、チェックインその他を入れると確実に間に合わないのに、最後の望みをかけたのか旦那は物凄い勢いで家を飛び出していった。

前日から用意していたカバンは置き去りのまま、壊れていない方のバイクとサーフボードだけが無くなっていた。

サーフラックも無しでバイパスを空港まで暴走している旦那を想像したら本当に間抜けだなと思い、またしても結婚した事を深く反省した。

 

そんな一日の始まりだったけれど、コムスメンの卒園式は無事終えることが出来た。

会場は思い出のつまった校舎では無く、何の思い入れもない近場のホテルだったり…

日本の卒園式みたいに親も子も涙する場面も特に無く、終始ダンス三昧だったり…

(放課後のエキストラクラスというやつに参加させると、3時間の保育時間延長という”おいしい条件”につられ)ほぼ全てのクラスに参加していた娘は今回もやたらと出番があり

クラスのダンス→インドダンス→バレエ→ヒップホップ…

と4ステージの合間に親たちは着替えを手伝う為、ほぼ舞台裏にいたり…

相変わらずツッコミどころ満載で、持参したハンカチも全く出番無しでしたが、皆にしばらく帰国の挨拶も出来たし、良い一日になって良かった。

 

 

やっと落ち着いた帰り道、肩の荷もおり、お腹もいっぱいで良い気分で運転していた所、ふと思い出したのが、寝室に出来た水たまり…。

再び嫌ーーな気分になって家に到着し部屋を開けると、何と綺麗に片付いていた。

結局飛行機に乗れなかった旦那が家に戻り片付けたのだそうだ。

あの後旦那は空港でサーフボードを抱えたまま意識を失ったそうで、数時間後に気が付いた時には外は真っ暗になり、新たな水溜りを空港の出入り口の床に作っていたらしい。

場所を変えてもやはり誰も助けてはくれないまま、今度こそ本気で死ぬかと思ったのだそう。

 

恐らく今回旦那が死にかけた原因は、素人の作ったアラック(地酒)にメチルアルコールが残っていたのでは無いかという事だった。今後は「いつも買うちゃんとした素人が作ったアラックしか飲まない」と宣言した人は、人生の最期をどんな形で迎えるのだろうか…とふと思った。

 

Instagram

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

南の島ですが…”パニック発作”になりました。つわり記録 BALI

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 20:18

バリ島で専業主婦になり、いつの間にか2年が経っていた。

日々のストレスと言えばコムスメンの学校の送り迎え位なもので、(←まぁこれが結構大変だったりもするのだが…)

日本で働く旦那からの仕送りに頼る今の"別居生活"にも、大いに慣れ

一方の旦那も日本で大変&淋しい思いをしているのかと思えば、その様でも無く

割とお互いが悠々自適な生活を送っていた所だった。

 

のだが、、

私が人生で一番苦しんだ日々が到来してしまった、、

まさかの、7年ブリのつわりは突然始まった。

 

トマトなら食べれたとか…

夕方仕事から帰るとソファーに倒れこんでいたとか…

ご飯の炊けるにおいがダメだったとか…

世の中のつわり初心者ママ達を否定するつもりは無いけれど、マジで”そんなんでつわり語るなよレベル”ですわ。

そういうのはつわり上級者の私からすると”ほんの序の口レベル”で、本気つわりの前後2週間にある”おまけちゃん”みたいなもんで、私の場合は今回も見事にまた”地獄レベル”でしたわ。

「私はつわり無かったなぁ」とか、「吐くほどじゃ無かったけど」とか、そのような体験談を語る人達はこの時ばかりは敵に分類され、「私もつわりで死にたいと思った」「10キロ痩せた」位の話にしか同調出来なかった…。

 

その後、間もなく学校の送り迎えどころか、ご飯の調達や起き上がる事すらも辛くなり、コムスメンは文句も言わずにロールパンばかりかじっていた。

そして結局、寝返りをしただけでも吐くレベルになり、日本で出稼ぎ中の旦那を呼ぶ事にした。

 

その頃…

洗濯物はまさに山と呼べる高さに達しいて、

ゴミやホコリが家中に散乱…

自分が放つ異臭を感知できる位になったというのに、どうしてもシャワーにはむかえない。

かろうじてベッドでたらみのゼリーやらカット済みマンゴーやら食べては、ゴミをそのまま枕元に置いていたせいか、遂にゴキブリが私の背中を這って通過する程の環境になってしまっていた。

現場にいた旦那とコムスメンは、その時は流石に騒いでいたのだけれど、私はそういう事にいちいち反応する余裕ももはやなく、部屋の一点をただじーーーっと見つめながら、静かに時が過ぎるのを待っていた…。

 

そんな中、テレビで見るゴミ屋敷なるものがふと頭をよぎった、、

そこに登場する”ゴミ屋敷の住人”達…

恐らく彼らは散らかっているのが平気な訳じゃなくて、何とかしたいと思いながらも目の前の山に立ち向かう気力が無いのだ。

そして、誰かにヘルプサインを出す気力すらも、残ってはいないのだろう。

色々な状況やトラウマが引き金となり、無気力による悪循環に陥っているのだと思う…。

 

仕事でゴミ屋敷を掃除したりもする旦那、彼の登場でこの汚部屋が片付くことを期待していた。

しかしあろうことか、何と旦那は我が家のゴミの山と洗濯物の山の間の谷間で、平然と寝転びながらYou Tubeを見続けていた。

彼は、このゴミの山を「まだ山では無い」と言い、

汚くなった部屋を「どこが汚いのか分からない」と言い、

私の放つ異臭にもどうやら気がついていない様子…

 

そういえば、7年前のつわりの時には、悪阻による入院生活の真っ最中に滞在ビザが切れ日本に脱出していたし、結婚後もここまで私が掃除を放棄した事は初めてだっから、旦那とこんなにも感覚が違うという事にさえ気付いていなかった。

ただ、この頃つわりのピークを迎えていた私は全ての事に対して無気力だったので、旦那に対して”怒り”という感情すらも湧いてはこなかった。

 

異臭といえば、私の嗅覚は全ての物から地獄の匂いを感じ始めていて、においで選んだシャンプーも、においで選んだ洗剤も、臭くなった枕も全てを封印したのだけれど、確か7年前は10m先から犬が近付いて来るのも分かる程に、今回以上のひどい”においつわり”だった事を思い出した。

旦那が到着するまでの間、コムスメンの送り迎えを頼んだ”おじさん”が朝家にお迎えに来るたびに酷く吐いてしまい、何度も病院に連れて行かれそうになった

だが、痛い点滴の為に1jt(約一万円)も払ってたまるかと、意地でも断り続ける事に成功した。

 

そんな感じで、”あらゆるにおい”にやられていた最中、旦那から私への日本土産は、何故か”におい”を代表する香水だった…。

よりによって香水??と思ったけれど、口には出さないでいた。

ところで、生まれて初めて男性からコスメ貰ったかもしれない…。

これを買った時、果たして私用だったのかどうかは謎ですけどね、まぁ良いけども…。

女の子へのバリ土産にコスメを選ぶ男子は遊び人なのか!! BALI

 

で、旦那到着から一週間後にバリに遊びにやって来た義理の妹、

オーストラリアに嫁いだ彼女からのお土産は、何とBODY SHOPのギフトセットでした。

何でこのタイミングで…??。

さすがは兄弟だなと思いましたが、どちらのお土産にもその時点で出せる最高の作り笑顔でお礼を言いました。

 

その数週間後…つわりは落ち着くどころか、何と吐血に至った。

今回ばかりは、旦那が来てくれて良かったなと思った。

血が混ざっている感じではなく、まさに血がドロッと流れて、鉄の味を感じたままベッドに倒れこんだ。

その後、吐血で思いつくあらゆる病気が頭をよぎり、恐怖を感じ始め、だんだんと手足がしびれ始めた。

この感じ…数年前の思い出が蘇った。

 

スンバ島に住んでいた時、原因不明の腹痛で倒れた時にマラリアだと宣告されたあの時も、こんな感じで手足がしびれたのだ。

当時、マラリアに対して無知であるが故に極度の恐怖を感じていた私…。

その病に自分がかかってしまったと思い込んだことで混乱し→過呼吸気味になり→手足がしびれて筋肉が固まり始めたあの症状は、マラリアの始まりなんかではなく、恐怖から来るパニック発作だったという事が後から分かった。

だから、今回は手足が痺れつつも冷静になり、吸う呼吸よりも吐く呼吸を多くする事で次第に落ち着いた。

スンバ島にもブラックマジック?!【Part1】恐怖のローカル病院 @スンバ島

 

次の日…吐血はおそらく吐き過ぎによる食道炎だと診断された。

しかも割とさらっと言われたので、つわり大国インドネシアではよくある事なんだろうと思う。

今回は7年前のつわり地獄よりはだいぶんマシだったと思うし、点滴も3回のみで済んだのだけれど、

体重は5kgほど落ちていた。

まだ時々嘔吐は続くものの、ようやく食事をとれ始めた今日この頃、やっとBODY SHOPの出番もやって来た。

そして旦那をバリに呼び戻してから、既に3か月が経過していた…。

そんな旦那は「早く日本に帰りたい」と日々言い続けている。

出番は”子供の送り迎えのみ”という南国ゆるゆる生活に日々にうんざりしているのだそうだ。

パリッとした日本の環境の中で、家を壊したり、ゴミ屋敷のゴミを淡々と片付けたりしながら、いい加減に貯金をしたいのだそうだ。

それだったら別にゴミと洗濯物の谷間でだらだらと生活しなくても、シャシャっと家の大掃除なんかをしてくれても良いのに…。

 

今回の旦那の登場は、我が家のゴミの山を撤去するまでには至らなかったけれど、何かと活躍してくれたと思う。

私の3ヶ月以上に続いた悪夢の日々も終盤、今は”メルカリ”でチャチャっとDiorの香水の価格相場を調べたりも出来る位に回復しています。

 

Instagram

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

アグン山の噴火以降、海もガラガラです。(+おっちゃんの予知能力) BALI

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 01:42

数か月前から噴火の危機迫ると言われ、危機感も失い始めていた頃でしたが、アグン山がとうとう噴火してしまいました。
日本に住んでいる友人・家族は「バリ島大丈夫??」とラインで安否を気遣ってくれたのですが、
私もアグン山の近くに住んでいる人に「アグン山大丈夫??」と同じ事を尋ねています。


それ位、実感が無いというか…影響が無いというか…バリ島南部いつもと変わらない生活をしています。

噴火直後に私の住んでいるジンバランエリアには少し降灰があったものの、いつもホコリで汚い車が更に汚くなっていた程度でした。

ですが、標高のせいなのか、火山からは更に離れたウルワツエリアの方が降灰量が多かった気がします。


ようやく噴煙の落ち着いた日のSNSには、バリ島各地から撮影されたアグン山の写真が並びましたが、私自身もこの日初めて近所の丘からもアグン山がはっきりと見えるという事を知りました。

それにしても、こんなにも大きな山の存在にずっと気がつかずに生活していたなんて…自分の鈍感さ具合に呆れます…。
 

そんな鈍感な私が、ニュースでしか見ない”アグン山の噴火”をリアルに感じたのは”海”でした。
人がいない…正確にはいるけどめっちゃ少ない。

 

朝からビーチで本気で寝ていた人達も居ないし、
朝からワルンで本気でビールを飲んでいた人達も居ないし、
今日が人生初のサーフィンなのにも関わらず、やってきた大波を目の前にGo Go!!とインストラクターに叫ばれ、何の疑いもなく突っ込んで行ってしまったツワモノ達も……、

私もこんな感じでサーフィンを始めていたら、きっとすぐに辞めていたんだろうなと…波越しのお気の毒な光景を目の当たりにします。
…と、話がそれたけれど、これまでにぎやかだったバランガンビーチの大半を埋めていたのは”観光客”だったという事にも気が付きました。

いつもなら、コムスメンを学校に送った後に1時間半程サーフィンをして帰るのだけれど、そろそろ疲れたなと思って時計を見ても、まだたったの30分しか経っていなかったりして、人が少ない分絶え間なく波が回ってくる感じです。

そしてそんな状況を予測したのか、サーファーの友人から「不謹慎だけど今バリに行きたいわ」とのメールが…。
噴火や空港閉鎖のニュースを聞いて、今なら道路や海が空いているのでは無いかと予測するその辺りがツワモノですね!!

きっと初心者の時に大波に訳も分からず突っ込んでしまったとしても、続ける人は続けるのでしょう。
そう思うと、大波のフェイスへ向かって初心者サーファーを容赦なくプッシュしてしている”彼らへの憤り”みたいなやつが少し緩和された。

 

いまに噴火すると言われてから数ヶ月後、さらには警戒レベルが一段階下がってからの噴火だったのですが、
(この警戒レベルの下がる直前に専門家の人も火口壁が崩れ落ちたので噴火目前と警告していた)
今現在は噴火が一旦落ち着いて、空港も稼動しているそうです。

ですがこのまま収束してくれるのか、さらにパワーを溜め込んで爆発するのか、それは専門家にも分からないのだそうです。
アグン山が本気で噴火すると、世界の気温が下がる程の威力を持っている火山だそうなので、これ以上は本気出さないで欲しいです。
観光業で成り立っているバリ島に観光客が戻ってくる事を願うしか無いです…。

 

Instagram

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

 


数か月前に子連れでメキシカンのお店Cacho's Mexicanに行ったら、アーティスト感満載のオーナーのおっちゃんが待ち時間に遊べるようにと色鉛筆”自作の塗り絵”を持って来てくれたのですが、すっかりはまって食後もしばらく帰れなかった。

↓コムスメン 作

 

↓私もはまること30分

ところでおっちゃん、確かに普通の人には見えなかったけれど、予知能力でも持ってるんでしょうか??

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

My Instagram

Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    管理人 (12/11)
  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    田舎妻 (09/20)
  • 大阪のたこ焼き屋さんを、バリのたこ焼き屋さんへ連れて行ってみた。BALI
    Emi (02/21)
  • ジャカルタ移住計画、あえなく却下…(+バリのリアルな生活費の話) @JAKARTA
    管理人 (02/11)
  • ジャカルタ移住計画、あえなく却下…(+バリのリアルな生活費の話) @JAKARTA
    ξ^.^ξマーメイド。&【kai】 (01/04)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    エミ (12/12)
  • 無人島に一つだけ持っていくとしたら何ですか?? がっかりな答えと感動の答え
    sato (10/21)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    いわな (09/21)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    おてつ (09/02)
  • 夜の9時に子連れでレストランに行った結果…BALI(また!! 旦那が旅立ちました。)
    管理人 (08/27)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM