〇〇ドネシア〇〇館さん、まさか私のパスポート紛失してませんよね…JAPAN

  • 2019.06.30 Sunday
  • 12:27

インドネシアへ渡航の日が迫り、いつも通り焦って準備しています。

この焦り始める日が若い頃よりも早まってきた辺りに、自分の成長が感じられます。

昔は前日の夜中に荷造りしたものですが、まぁ今のバリ島には私が必要だと思うモノは何でもあるし、無いなら無いで何とかなります…

コンタクトレンズも、クレイジーソルトも、サプリメントも、大体バリ島でも手に入ります。

ですが日本で買ったほうが明らかに安かったり、クオリティの高いものを厳選して持って行く感じです。

 

そういえば、6年前の旦那の故郷”スンバ島”へ移住した時は、それはそれは大荷物でした。

キットカットやハム&チーズ・バターまで、島では手に入らないモノを思いつく限り買い込んだものの、荷物のみがティモール島へ行ってしまい、全腐りでしたわ…。

それなのにサーフボードはちゃんとスンバ島に到着し、何故か私の大型ボードケースとそれに続いて棺桶が一緒に飛行機からおろされたんですよ…。

何でも、バリ島でスンバ人同士の”いざこざ”があったそうで、その一人が棺桶に乗ってスンバ島へと戻って来たのだそうだが、ご遺体を空港で待ち受けるご家族が皆イカットを巻き腰に刀を刺した”正装”で待ち構えていて、さぁ敵討ちに行くぞと話が盛り上がっていたのだった。

やれやれ、物騒な島に嫁いで来たもんだなと思ったものでした。

 

と話は飛びましたけど、そんな感じで、今のバリ島に無いものはあまり無いので、忘れて物があっても特に問題は無いのです。

パスポートと財布と携帯さえあればね…

え、、、!? そのパスポートが見当たらないって??

そんなまさか、国を代表する公的機関が国民の大切ーーな重要書類失くす訳無いでしょ…無いですよね…!!

……???

 

という訳で話はさかのぼりますが、5月の中旬、いや忘れもしない5月20日に、私は新しく出来上がった”オトウト”(0歳児)の日本国パスポートに、インドネシアの両国籍を持っていますという”二重国籍証明書”を貼って貰うため、パスポートの原本を〇〇ドネシア〇〇館に送った。

〇が多いですがご察し頂ければと思います。

ホームページに書いてある通りに各書類のコピーをとり、(7年前は確か全ての書類の原本が必要だったので、今以上に不安だったが、)パスポートのみは原本を送らなければならず、そこに取得費用1300円を払いましたよという”払込票”も同封し、少しの不安がありながらもレターパック(追跡ありのスピード郵便)の中に返信用のレターパックを入れて送るという方法に従い、ポストの前で手をたたいた

パンパン”無事到着します様に”

 

恐らくずっと日本で暮らしていたのなら、このポストの前で手を叩く儀式と、飛行機の離陸前に手を合わせる儀式は一生する事が無かったんじゃ無いかと思う。

それだけの”ありえない”をいつも想定しながら暮らしているけれど、何だかんだで国の公的機関もちゃんとしていたり、街並みと同時に発展していくシステムに出くわしてはなかなかやるなと特にここ数年で感じ始めていたところだった。

 

のだが、

待てど暮らせど、送ったはずの”オトウト”のパスポートは届かない…。

こちらから送ったレターパックの追跡番号を入力した所、書類は確かに〇〇館へ届いてはいた。

 

レバラン休暇(断食明け)と重なり、混雑しているのかな?と思ってみたり、

G20の交通規制で、郵便屋さんが遅れているのかな?

もしくは最近、郵便局の荷物と配達員が行方不明になった事件もあったばかりだし…と疑ってみたり。

それにしても遅すぎるので、不安になって電話してみたが…

 

今、担当者が居ないです!! ガチャっとか、

ここ〇〇館には無いのでもう送ってるはずだとか、

今配達中ですが多分混んでいます…とか、

いやいやいや、この数日間でも楽天市場の商品はポチっては届き、ポチっては届きしてるけど、

なぜ肝心のパスポートが届かない…

余裕を持って申請していたのに、このままでは渡航の日に間に合わなくなる。

それに玄関のピンポンがなる度に期待して裏切られるこの気持ちをどうにかしてくれ!!

 

そしてそれから約一週間後の事、我が家に一本の電話がかかって来た。

「あのー〇〇ドネシア〇〇館ですが…実は”オトウト”さんのパスポートがここにあります!

ですが二重国籍証明書の取得費用が6月から変更になり3700円に変わったので、足らずの2400円振り込んで下さい。

そしたらパスポートすぐに送りますんで…」と、、、

え?何ですかその人質交換みたいな感じ、しかも結構な値上げしましたね…

けれどようやくパスポートが見つかった事にとりあえずほっとした。

3700円−1300円の計算も合ってるし!!

だけどだけどね、お気づきでしょうか、5月に書類を揃えて送っていたのに、そちらの不手際で手続きが6月にのびのびになっているのに、最近変更になった差額をやはり払わないといけないなんてね、流石だわ。

流石っス!!

だからGoogeMapの評価のほとんどが★一つなんですよ…

 

そして、郵便局で差額の2400円を支払い、待つ事さらに約1週間

待てど暮らせど、”オトウト”の大切なパスポートは届かない…。

こんな事ならもう諦めてパスポートを作り直し、観光ビザでインドネシアに入国しようか…

 

気分が諦めモードになり始めた瞬間、私のなかで久しぶりにイラっとした感情がこみ上げてきた。

0歳児を連れてのパスポート取得は、それなりに大変だった。

写真を目線が来るまで何枚も撮り直したり、抱っこ紐で混雑したパスポート事務局へ2度も行ったりと、道のりは長かったのだ。

あれをもう一度しなければならないのか?

そしてそのイラっとした感情を、同じ国籍を持つ旦那へぶつけてみる事にした。

因みに、外国人と結婚した彼らのストレス原因NO1は、自国の不手際によるコンプレイン(クレーム)を旦那や奥さんから聞かされる事らしい。

 

何故か同国民に対しての方が高圧的な態度をとって来る事の多い某国の公的機関の職員さんたち…

旦那が私に言われた通りに”レターパックの追跡番号で配達状況を調べて欲しい”と伝えた所、

なぜ送る前に中に入れた返信用レターパックのシールも剥がさずに送ったのか?

私達は追跡なんていう仕事を追加でしたくは無い」と責められたそうだ…(怒)

そんなルール聞いてませんし、レターパックの番号は送る側がポスト投函前に剥がすものじゃ無いですか??

大体、手数料を2400円も上げたクセに、レターパックのシールの管理くらいきちんとして頂きたい。

だからGoogeMapの評価のほとんどが★一つなんですよ…

 

それから約一週間後、

パスポートの事は諦めかけ、再発行へ行かなければと思っていた所に電話がかかって来た。

ここまで来るのに既に3週間と数日が過ぎていた。

「実は”オトウト”さんのパスポートの入ったファイルが別の場所にありまして、これからすぐに送りますので。」と謝罪された。

 

次の日、忘れもしない6月20日の午後、”オトウト”の大切なパスポートと二重国籍証明書の入ったレターパックは我が家に無事到着した。

ちゃんと追跡番号のシールも剥がれていた(笑)

トラブルが無ければ3営業日に発送される予定だったパスポート、

1ヶ月の長旅を終えてようやく手元に戻ってきた事もあり、よく分からない達成感さえ湧いてきた。

そしてその間、郵便局を少しでも疑ったことを反省した。

 

 

Instagram

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

スンバ人旦那のありえないおつかい。帰国中JAPAN

  • 2019.05.31 Friday
  • 22:52

お久しぶりです。

前回の記事がつわりが終わった位だったので、ブログ放置歴が1年に達していた様ですが、私達は元気です。

 

お茶碗に半分くらいのご飯を食べたらへんからため息をつき始める、食の細い”コムスメン”(7歳)も、

お茶碗いっぱいのおかゆを食べほした後にまだ物足りなそうな顔をする、体重右肩上がりな”オトウト”(7か月)も、

すくすくと成長しています。

 

ブログによると、ちょうど去年の今頃は、コムスメンのバリ島現地校での卒園式前日に、寝室にアルコールの水たまりを作った旦那さんでしたが、現在は関東で出稼ぎ中

(前回のブログの”水たまりの話”が割と好評だったので、リンク貼っておきますね…。)

娘のハレ舞台の日に、急性アル中で倒れた旦那… BALI

 

ところで旦那さんは、一年前に寝室に水たまりを作ったとは思えない位、日本ではちゃんと働いていて、すっかり真面目モードにスイッチが切り替わっている模様です…

相変わらずな別居生活ではあるけれど、1〜2か月に1回のペースで今私がお世話になっている関西の私の実家へお土産片手に帰って来ます。

そして、床によだれの水たまりを作るのがマイブームの”オトウト”の顔をしげしげとみつめては、「俺の小さい頃にそっくりだ」と言ってにやけていますが、このよだれの水たまりが、35年後にはアルコールの水たまりになっていない事を祈っています。

 

ところで、離れて暮らしている私と旦那さんとのコミュニケーションツールはもっぱらLINEなのだけど、この前旦那さんが働いている”解体屋さん”(全員外国人)のところに、スリランカ人の男性が出稼ぎにやってきたそうで…

その日もちょうど休憩時間にLINEで話をしていたら、電話の向こうでスリランカ人男性が旦那に「飲み物買いに行くけど何かいる?」と話しかけていた。

なかなか気が利くではないか!!

それに対し旦那は、「あ、何でも良いよ適当に、ついでに皆の分も…」と頼み、周りにいた皆も「何でも良い」と告げていた。

そして5分後帰って来たスリランカ人男性の手には、何とぶどうジュースが8本も!!!

何で全部ぶどうなの?」と、先ほど何でも良いと告げたばかりの旦那が言っていた。

 

どっちもどっちだとは思うけど、確かに…当たり障りの無いお茶やジュースならともかく、外食メニューにもなかなかチョイスされなそうなぶどうのジュースを選ぶところは国民性なのかなとか思いつつ、そんなおつかいの話は忘れていた。

 

それから数日後、私の実家に帰って来た旦那さん。

何故かいつも新幹線で行き来するのだが…、普段はハードな仕事をしているのだろうから「夜行バス使えば」ともそこは言えず、

というか言う前に、「長距離バスは疲れるから嫌やねん」と、そこも日本モードでおっしゃる旦那さん…

え?インドネシアの皆様って横向きの大移動全然平気やと思ってたけど、違うかな。

大体昔はスンバからバリまで船で3日間かけて行き来してたのでは?

しかもそのうちの一回は小さな漁船だったとか何とか…

環境は人も変えるのね、、

と、自分の事はすっかり棚にあげ、旦那の変化に対して色々と細かい事を思ってみたりもするけど、口には出さないでいた。

 

それにそれに、日用品やビールも全てポイポイとコンビニで購入して来るし、ポイントカードも使わずに!!

しかも発泡酒でも第3のお酒でもなくプレモル500ml×4本だったりという、

そーゆー小さな事もろもろにも全て目をつぶっている私だけれど、

話はそれましたけれど、その日も深夜のコンビニにビールを買い足しに出ようとしていた。

 

社交辞令的に「ビール買いに行くけど何かいる?」と私に聞いてきた。

日々の授乳のせいか、夜食抜きでは眠れない私は、「クレープ」をリクエストした。

実は毎晩スイーツかアイスクリームを食べるのが日課になってしまった私…

出産時に20kg増え、今なお10kgしか落とせてないという事実は、後々考える事にする。

そして私はもうすぐ帰って来るであろうカロリーたっぷりのクレープに思いをはせていた。

甘いものにコーヒーは欠かせない、スタンバイも万全で旦那を迎えたところ、

「無かったわ、クレープは、でもその替わりにこれ買ってきたから!!」

と、自信満々に手渡してきたのは、

???ぶどうゼリー???

!!!しかも2個!!!

「ガーーーン」とは言えなかった…わざわざ買って来てくれたのだから。

だけど口がクレープモードになってしまっていた私は割とショックを受けていた。

 

何でゼリーよ、全然ゼリーの気分じゃ無いわ、

こーゆーのとか、

こーゆーのとか、

期待してたのに…

 

クレープが無かったとして、替わりに買うなら同じ棚にあるシュークリームとかロールケーキとかが妥当じゃない??

何で裏側の棚にあるヨーグルト&プリンゾーンからわざわざ選んだのよ…

そんな事よりこの深夜のコーヒーはどうすんのよ…

という全ての心の声にはそっと蓋をして、やさしく問いかけた。

「何でぶどうゼリーにしたん?」

そしたら「クレープが無かったからグレープのゼリーにした…好きやろ?」と、真面目な顔して言ってきた。

 

え、点々?点々付けるそこ?

クレープからグレープて、親父ですか?しかも真顔で。

それに前はグレープの事をぶどうって呼んでたのに、何故英語になった?

確かに、つわりの時には食べられそうなものがゼリーしかなく、バリでも手に入るたらみのゼリー3種類のローテーションで日々を乗り切った事は確かだけれど、どちらかと言うと苦い思い出…。

”旦那が思う私の好み”も、もしやそのつわりの時点で止まってるさては…?

このブログ並みに更新頻度低すぎなんですけど。。。

 

という心の声にも蓋をしつつ、良い方に捉えることにした。

ダイエットがなかなかはかどらず、そんな私を気遣ってあえてカロリー控えめなゼリーをチョイスしてくれたのかもしれないという事にして、乗り気ではないゼリーを食べてみたところ…

「美味いわっ」日本のゼリーなめとったらあかんわ!!

ぶどうゼリーの中に、立方体のぶどうの寒天がまばらに入っていて、またところどころにナタデココが潜んでいる。

何と1つのゼリーで3つの食感が楽しめる♪♪

という事でその日は日本の進化したゼリーを堪能し、旦那が関東に戻った後すぐに、思いをはせていた念願のクレープをまとめて2個堪能しときました。

 

と…噂をしていた所、またしても旦那から連絡あり、これから新幹線乗るわ…と。

現場と現場の間に一週間の隙間が出来たらしいのですが。

え?大丈夫なん、隙間って…割と大きな隙間ですけど?

 

 

Instagram

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ 

 

 

娘のハレ舞台の日に、急性アル中で倒れた旦那… BALI

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 14:30

残暑ならぬ…猛暑お見舞い申し上げます、ただ今日本に帰国してます。

バリ島からのフライトの直前(ほんの数時間前)にアグン山が大噴火したり、帰国の直後には西日本では洪水災害、その後は猛暑にやられたりで、コムスメンも今までに見た事が無い位大粒の汗を流していますが、私達は何とか元気です。

身近で災害を目の当たりにし、いつ南海トラフ大地震が起こってもおかしく無いと言われているので、ただ今実家の頭上を(ホンキで)断捨離中

そんな最中にロンボク島で大地震が起こり、今なお地震が続いているので心配ですね…。

 

ところで先月、コムスメンが3年間通い続けたバリ島の幼稚園を無事に卒園しました。

インドネシアでは(私の知る限り)パリっとした入学式というものは無く、その分卒業式にはかなり気合いが入ります。

子育て中心生活をしている私にとっても、一人娘の卒園式というのは一大イベントであったので、前々から服を準備したり、何かと気合いを入れていました。

それなのに、直前に知らされた旦那からの一言「俺、明日からスンバ行くから…」と。

その旦那の言う何気ない”明日”というのは、私とコムスメンの一大イベント”卒園式”の日でもあり、せっかくバリに3か月もいたのだし、娘の最後のハレ舞台に位”参加しとけよ”

 

そもそも、日本で出稼ぎ中だった旦那がバリにいるのは、絶賛つわり中だった私に代わって、コムスメンのお世話をするというのが目的だったのに、最終日に不参加というのはかなりのマイナスポイントだと思うのだけれど…

とまぁそんな事言い始めても仕方が無いので、当日に向けてコムスメンと一通りの衣裳合わせを済ませ、今夜も深夜にどこかで酔い潰れているであろう旦那の事は放っておいて、前日は早めに寝る事にした…。

 

その数時間後…ガシャーーンと家の門の辺りでかなりデカイ音がし目が覚めた。

慌てて外に出ると、泥だらけの旦那が血を流しながら帰って来た。

時計を見ると深夜の1時…

おじさんの家からバイクで帰る途中に山の中のがたがた道で転んだらしく、その衝撃でブレーキが壊れたので、最後は我が家の門に軽くぶつかって停車したのだそうだ。

OLX(インドネシア版のメルカリ)に出していた旦那のバイクは既にボロボロになっていた。

酒のにおいを撒き散らしながら説明された内容は理解出来たが、人としてはもはや理解不明

どうせなら隣のジャングルにでも突っ込んでくれれば良かったのに。

何よりも明日の本番に備えて早めに寝ていた所を起こされた事が一番腹立たしかったが、コムスメンは騒音位で起きるタイプでは無いのがまだ救いだった。

旦那は寝室に入っては来たものの、私の怒りを察知したのかそそくさとクッションを枕代わりに床で寝始めたので、私も寝直す事にした。

 

が、、パシャン・パシャンと部屋の中で魚が水を跳ねる様な音が聞こえた気もした。

魚は飼ってはいない。

 

NUSADUAビーチで作成しました。

 

そこから今度は妙な声でウーーウーーーとうなりだしたが、助けない事に決めていた。

その後、ウオーーーーー…という叫び声に変わったので、それに負けない位の声で、

「うるさいわーー何時や思てんねん‼」と叫び返した。

そのうちに、インドネシア語で何か訳の分からない事を喋り始めたので、ふと熱帯熱(悪性)マラリアを患った日の旦那を思い出したが、助けない事に決めていた。

また…旦那のマラリア奮闘記+ノーベル賞を受賞したマラリア漢方薬。

 

よく分からない独り言の締めくくりにTidak Bisa---!! と大声で叫んだ後静かになったので、私もトイレに行って寝直そうと思い、ベッドから降りたその時…

私の足が”パシャン”という音と共に水溜まりの中に浸かっていた。

ぞっとっした…小さい頃、寝たまま鼻血を出してしまい、枕一面が真っ赤に染まっていたあの時位にぞっとした。

部屋の逆コーナーで寝ていた旦那の”寝ゲ○”というやつが、何と逆コーナーの私の真横まで流れて来ているとは、、

どんだけ部屋傾いてるねん‼

 

とりあえずトイレを済ませてから、見たくなかった旦那を視界の隅に入れてみると、全裸で横向きになってうずくまっている旦那の口から液体がパシャン・パシャンと小さな音を立てながら流れているでは無いか‼

けれど一週間ほど前まで、吐きつわり上級者だった私はピンときていた。

胃の内容物を全て吐いただけでは部屋一面が液状化するわけが無い。

これは膀胱からの液体だと分かった瞬間に、また怒りがフツフツと込み上げてきたが、ハレ舞台の前日に余計な気力体力を消耗したく無かったので、そのまま寝る事に集中した。

が…一度正体が分かってしまうと気になって仕方が無い、相変わらずのパシャン・パシャン…。

 

結局、寝たのか寝てないのかよく分からないまま朝を迎えると、深夜のパシャン・パシャンは本格的な嘔吐に代わっていた。

オエェェーウエェェェーと、寝たまま1分間に5回位のペースで吐き始めた。

コムスメンはまだ何事も無かったかの様に横で寝ているので、「うるさいから吐くなら外で吐いて来てよ!!」と言ったら、私の言葉を理解出来たのか、泥の様に部屋の外へと這い出して行ったので、まだ死ぬレベルでは無いなと思った。

そしてコムスメンが起き出し、部屋の異常事態に気が付いたと同時に旦那をありえない場所で発見した。

外で吐けとは言ったけれど、家の外とまでは言っていない。

…まさか公共の場で全裸のまま吐いているのかと思い念のため確認したが、何故か下だけは長パンツに履き替えて、家の門の前で倒れていた。

 

 

その前をバイクがブーーンブーーンと何台も通り過ぎていくけれど、みんな横目で見るものの、誰一人声をかけたり助けたりはしようとしない、またしても異様な光景を見てしまった。

お節介で親切な人が多いインドネシアでは、道路で人が困っていればすぐに人だかりが出来たりする。

私もバイクでエンジンがかからなくて立ち往生しているだけでも、よほどの田舎道で無い限りは、だいたい3分以内に人が助けてくれる。

それが当たり前だと思っていたから、道路で人が倒れているというこの異常事態に誰も声をかけないというのがかなり意外だった。

だが、私も助けない事に決めていた。

 

とりあえず、旦那を玄関前に寝かせたまま、卒園式の準備を終えてコムスメンと出掛けようとしたその時、それまで玄関で倒れていた人とは思え無い程の勢いで旦那が飛び起きて家の中に入ってきた。

「ヤバイ、飛行機の出発まであと15分しか無いし、何で起こしてくれへんねん‼」

と我の事を棚にあげて言い始めたが、ドレスにも着替えて久々のメイクをした直後だったので、怒りを抑えて”無視”する事に決めた。

コムスメンだけが「パパ、大丈夫??」と一応気遣っていたのが唯一の救いだったと思う。

空港まで15分かかるのだから、チェックインその他を入れると確実に間に合わないのに、最後の望みをかけたのか旦那は物凄い勢いで家を飛び出していった。

前日から用意していたカバンは置き去りのまま、壊れていない方のバイクとサーフボードだけが無くなっていた。

サーフラックも無しでバイパスを空港まで暴走している旦那を想像したら本当に間抜けだなと思い、またしても結婚した事を深く反省した。

 

そんな一日の始まりだったけれど、コムスメンの卒園式は無事終えることが出来た。

会場は思い出のつまった校舎では無く、何の思い入れもない近場のホテルだったり…

日本の卒園式みたいに親も子も涙する場面も特に無く、終始ダンス三昧だったり…

(放課後のエキストラクラスというやつに参加させると、3時間の保育時間延長という”おいしい条件”につられ)ほぼ全てのクラスに参加していた娘は今回もやたらと出番があり

クラスのダンス→インドダンス→バレエ→ヒップホップ…

と4ステージの合間に親たちは着替えを手伝う為、ほぼ舞台裏にいたり…

相変わらずツッコミどころ満載で、持参したハンカチも全く出番無しでしたが、皆にしばらく帰国の挨拶も出来たし、良い一日になって良かった。

 

 

やっと落ち着いた帰り道、肩の荷もおり、お腹もいっぱいで良い気分で運転していた所、ふと思い出したのが、寝室に出来た水たまり…。

再び嫌ーーな気分になって家に到着し部屋を開けると、何と綺麗に片付いていた。

結局飛行機に乗れなかった旦那が家に戻り片付けたのだそうだ。

あの後旦那は空港でサーフボードを抱えたまま意識を失ったそうで、数時間後に気が付いた時には外は真っ暗になり、新たな水溜りを空港の出入り口の床に作っていたらしい。

場所を変えてもやはり誰も助けてはくれないまま、今度こそ本気で死ぬかと思ったのだそう。

 

恐らく今回旦那が死にかけた原因は、素人の作ったアラック(地酒)にメチルアルコールが残っていたのでは無いかという事だった。今後は「いつも買うちゃんとした素人が作ったアラックしか飲まない」と宣言した人は、人生の最期をどんな形で迎えるのだろうか…とふと思った。

 

Instagram

ブログランキングに参加しています。

最後に↓ポチッ↓とクリックお願いします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Privacy&Policy

個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

My Instagram

Instagram

NINJA

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    管理人 (12/11)
  • 単身赴任中の旦那と再会する度に、何故か体調が悪くなる。
    田舎妻 (09/20)
  • 大阪のたこ焼き屋さんを、バリのたこ焼き屋さんへ連れて行ってみた。BALI
    Emi (02/21)
  • ジャカルタ移住計画、あえなく却下…(+バリのリアルな生活費の話) @JAKARTA
    管理人 (02/11)
  • ジャカルタ移住計画、あえなく却下…(+バリのリアルな生活費の話) @JAKARTA
    ξ^.^ξマーメイド。&【kai】 (01/04)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    エミ (12/12)
  • 無人島に一つだけ持っていくとしたら何ですか?? がっかりな答えと感動の答え
    sato (10/21)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    いわな (09/21)
  • 旦那の出稼ぎ帰国から1か月が経過しました!! (&スランガンで捕れた大物)
    おてつ (09/02)
  • 夜の9時に子連れでレストランに行った結果…BALI(また!! 旦那が旅立ちました。)
    管理人 (08/27)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM